MacBook Pro用に「HHKB Professional BT」を導入したらかなり良かった件

Personal Computer

だいぶいまさら感はありますけれど、「HHKB Professional BT」を購入しました。13.3インチ MacBook Proと組み合わせて使用しています。

[amazonjs asin=”B001KWJTD6″ locale=”JP” title=”PFU Happy Hacking Keyboard Professional JP 日本語配列 墨 USBキーボード 静電容量無接点 Nキーロールオーバー ブラック PD-KB420B”]

とはいえ、もともと13.3インチ MacBook Proと組み合わせて「HHKB Professional JP」を使っていたので、それと比べると変更点は有線が無線になった程度。わざわざケーブルを繋がなくて良い&取り回しを気にしなくていいのはなかなか快適です。

打鍵感やキーの大きさ・配列なんかは「HHKB Professional JP」をほぼ同じかなあ。Bluetoothの接続がごくたまに切れますけど、違和感なく使えています。

本当は英語キーボードのほうが好みですが、[Fn]キーを押さずにカーソルキーを使いたいので、Happy Hacking Keyboardの場合は日本語配列の一択。「HHKB Lite2」なら英語配列でもカーソルキー付きですが、打鍵感がしっくりこなかったのでパス……。HHKB Professionalシリーズでもこのパターンを作ってくれないかなあ。

ちなみに今回は、底面に「HHKB吸振マットHG(Professional BTシリーズ用)」を貼り付けてみたらかなり安定感が増しました。そのぶん重さと厚みが増しますけれど、これはかなりおすすめ。HHKB Professionalシリーズを使っている人は貼るべきです。「HHKB Professional JP」にも貼ろう。

あ、あとはどこに設置するかが少し悩ましいところで、現状はMacBook Proの手前かタッチパッドの上に置いています。これだとタッチパッドが使いづらいので、Macbook Proのキーボード上に設置するためのキーボードブリッジを導入してもいいかもしれません。

そんなわけで多少の不満やら改善すべき点はあるものの、いまのところ概ね満足しています。

[amazonjs asin=”B07BMWGZWM” locale=”JP” title=”バード電子 HHKB吸振マットHG(BT用) KMG-BT PZ-KBKMG-BT”]

コメント