「cheero USB-C PD Charger 45W」を試してみたら13インチ MacBook ProのメインACアダプタにできそうだった

Gadget

先日ポチった「cheero USB-C PD Charger 45W」が届いたので早速チェックしてみました。

その名のとおり45W USB PDに対応するUSB Type-C充電器です。対応出力は以下。

  • 5V / 3A
  • 9V / 3A
  • 12V / 3A
  • 15V / 3A
  • 20V / 2.25A

[amazonjs asin=”B07FWVWPWK” locale=”JP” title=”cheero USB-C PD Charger 45W (パワーデリバリー対応 充電器 アダプタ) 対応機種へ超高速充電 折り畳み式プラグ 1ポート CHE-326″]

手元にあったPD対応充電器が「Apple 61W USB-C電源アダプタ」「cheero USB-C PD Charger 18W」だけだったので、これらを13インチのMacBook Pro につないで比べてみます。

まずは「cheero USB-C PD Charger 45W」。

概ね19.8V/2A前後。40W前後の出力のようです。

macOS上では、45WのAC充電器と判別されていました。利用しながらでもバッテリー残量は増えていきます。特に問題はなさそうです。

続いて「Apple 61W USB-C電源アダプタ」。

概ね19.8V/2A強。たまに2.5A程度出ているようでしたので、40〜50Wくらいの出力ですかね。

macOS上では60WのAC充電器という扱いです。当然ながら問題なし。「cheero USB-C PD Charger 45W」と比べてほんの僅かに充電速度が早いような気もしますけれど、ほぼ同じ印象でした。

最後はおまけ的に「cheero USB-C PD Charger 18W」をつないでみました。

概ね12V/1.5A弱。意外にもスペック値の18Wがしっかりと出ているようでした。ただ、本体が結構暖かくなってましたw

macOS上では16WのAC充電器という認識。表示では充電されていないことになっていますが、実際はゆっくりと充電されています。

(作業内容にもよりますけれど)使いながらだとバッテリーが減っていくイメージです。スリープ状態なら放っておけば満充電も可能です。

というわけで、まだちょっとだけしか使ってませんが、13インチ MacBook ProのACアダプタは「cheero USB-C PD Charger 45W」で十分代用できそうな気がします。「Apple 61W USB-C電源アダプタ」よりひと回り小さいので、持ち歩くのにはいいかな。マットな表面仕上げもいい感じです。欲を言えばさらにもう一回りくらい小さいといいのだけれど。

それにしても「Apple 61W USB-C電源アダプタ」は意外と余力を残してるんだなあと思いました。

[amazonjs asin=”B07FWVWPWK” locale=”JP” title=”cheero USB-C PD Charger 45W (パワーデリバリー対応 充電器 アダプタ) 対応機種へ超高速充電 折り畳み式プラグ 1ポート CHE-326″][amazonjs asin=”B078MCL79S” locale=”JP” title=”cheero Type-C to Type-C Cable 100cm パワーデリバリー (PD) 対応 充電ケーブル 最大60W/3A 高耐久 ナイロン製 急速充電 & データ転送 Nintendo Switch/Macbook 等に対応 USB3.0 高速データ転送 (5Gbps) Power Delivery CHE-250″]

コメント