ヤマハ「RTX810」 VPN設定【ルータ備忘録その1】

Network

我が家のルータはヤマハの「RTX810」。少し古い機種になりますが、非常に安定して動作してくれています。まあ、いまから導入するなら「RTX830」「RTX1210」を選ぶのが無難なのでしょうけれど。もうしばらくは使い続けるつもりです。

[amazonjs asin=”B075YVK9QF” locale=”JP” title=”ヤマハ RTX830 ギガアクセスVPNルーター”][amazonjs asin=”B00NF2GN6U” locale=”JP” title=”ヤマハ ギガアクセスVPNルーター RTX1210″]

さて、そんなRTX810ですが、光回線を入れかえたので、これを機に設定を見直してみようかなと。ヤマハルータの良い点の1つは設定例が豊富に用意されているところですが、設定方法がちょっとややこしいところもあるので忘れないよう自分メモ。(ヤマハのネットワーク機器設定例ページ

そんなわけでまずはVPN設定の備忘録。

・ブラウザでルータのIPアドレスにアクセスし、WEB設定画面へ。[詳細設定と情報]→[VPN接続の設定]へと進む。

・設定可能なVPN設定の[追加]ボタンを押し、PCやスマホタブレットなどで接続する場合は[L2TP/IPsecを使用したリモートアクセスVPNサーバー(Anonymous)]を選ぶ。(接続する機器によって選択は変わる)

・ユーザIDとパスワードを設定。VPN接続時に必要となるので要メモ。「登録しました」と表示されるが、まだ設定は終わっていないので[戻る]を選び、VPN Anonymous 接続 共通設定の[設定]ボタンを押す。

・以下のように設定していく。(この設定でWindows、Mac、iOS、Androidから接続できることは確認済み)
【VPN接続設定の 修正】
「設定名」→適当
「事前共有鍵」→推測されにくいなるべく長めの文字列
「認証アルゴリズム」→「HMAC-SHA」
「暗号アルゴリズム」→「AES-CBC」
「キープアライブ」→「使用する」
「NATトラバーサル」→「使用する」
「PPP認証方式」→「CHAP-PAP」

【接続先に割り当てるIPアドレス】
「割り当て方法」→「DHCPサーバー機能から割り当て」(固定IPを振りたい場合はお好みで)

【切断タイマ関連】
お好みで設定

・[設定の確定]を押せばルータ側の設定は完了。

[amazonjs asin=”4774185299″ locale=”JP” title=”ネットワークエンジニアのための ヤマハルーター実践ガイド”][amazonjs asin=”4839965404″ locale=”JP” title=”ヤマハルーターでつくるインターネットVPN 第5版”]

コメント