パフォーマンス大幅向上のiOS 13発表。ダークモードも搭載

Smartphone

現地時間の6月3日、米国サンノゼのMcEnery Convention Centerにて開幕したWorldwide Developers Conference 2019(WWDC19)。開発者向けの会議ということでソフトウェアを中心の話題ばかりでしたが、その中から「iOS 13」をメモ的にまとめてみます。

iOS 13のリリースは今秋。iPhone 6s / iPad Air 2以降のデバイスに提供される予定で、それ以前のiPhone 6 / 5s / iPad Air / iPad mini 2 / iPad mini 3ではサポートされません。

まずポイントとして挙げられるのがパフォーマンスの改善。Face IDが30%高速化され、アプリの起動が2倍速に、そしてApp Storeのアプリ新規インストール時のサイズが半分になり、アプリ更新時は60%小さくなるとのことです。「動作速度」というわけではないようですが嬉しい改善点ですね。

そしてOSレベルでのダークモードのサポートもトピックスでしょうか。カレンダーやマップ、iMessageなどのプリインストールアプリはひととおりダークモードをサポートするようです。日没や特定の時間に合わせたスケジューリングが可能とのこと。

写真周りの機能も強化されており、機械学習によって重複した写真をアルバムで自動で非表示にできるようです。また、日付で並べられるようになり、日記的に写真を振り返ることも可能に。撮影機能ではポートレート撮影時の照明効果が調整できるようになるほか、「High-Key Mono」エフェクトが追加されます。さらに動画を回転させたり、フィルタをかけたりいった簡易的な動画編集機能も追加されました。

まだほかにもマップでGoogle Mapのストリートビューに似た機能が追加されていたり、近くのiOSデバイスとBluetoothオーディオを共有できる「Audio Sharing」機能を備えていたりと、アップデート箇所は多そうです。通例だと新型iPhoneに合わせてリリースな感じですかね。個人的にはダークモードが楽しみです。

[amazonjs asin=”B07PRWYVN4″ locale=”JP” title=”Apple AirPods with Wireless Charging Case (最新モデル)”]

コメント